投資

【比較】投資信託とETFはどっちが良い?

有価証券を一つにまとめて購入しようとする時「投資信託」と「ETF」の選択肢があります。

投資信託とETFどちらが良いか悩むのではないでしょうか。

いなパン
いなパン
そこで投資信託とETFを比較してみました。
どんな人にオススメできるか

投資信託とETFに悩んでいる人

この記事を読んで何がわかる?

・投資信託とETFの違い
・どちらがオススメできるか

それでは今回の結論です。
投資が趣味で無い人(ほとんどの人)は投資信託!
  • 理由①手間がないから
  • 理由②無配当型であれば税制のメリットがあるから
今回の
まとめ!

 

投資信託とETFって何?

まずざっくり投資信託とETFについてまとめます。

投資信託とは?

投資信託とは

投資家から集めたお金を、運用の専門家が株式や債権などに投資する商品

集めた資金をどのような対象に投資するかは、投資信託ごとに異なります。

ETFとは?

ETFとは証券取引所に上場し、株価指数などに代表される指標への連動を目指す投資信託です。

ETFも投資信託の1つですが、より株に近い性質を持ちます。

投資信託とETFの違い

ETF 投資信託
上場・非上場 上場 非上場
価格 リアルタイムで算出される 1日1回算出される
買う場所 証券会社 ・証券会社

・銀行

・郵便局など

注文方法 買いたい値段を指定できる 値段を指定できない
自動定期積立 基本的にできない できる
配当金の再投資 手動 自動
信託報酬率 一般的に投資信託より低い 一般的にETFより高い
税制繰延効果 ない 無配当型ならあり
最低購入金額 1円から 通常1万〜10万程度から
いなパン
いなパン
信託手数料は投資信託もかなり低くなってきています

なぜ投資信託をオススメするのか?

「投資が趣味でない人」というのが前提です。

いなパン
いなパン
ほとんどの人がそうだと思います

投資は「資産を最大化する手段」と割り切っている人

投資に関して自分の時間を使いたくない人

投資のことを考える時間がない人

理由①手間がない

正直この理由が一番です。

できるだけ投資に人生の時間を割きたくありません。

SBI証券であればETFの定期購入サービスがありますが、ほとんどの証券会社では自動購入サービスはありません。

そのため、毎月積立する場合購入する手間がかかります。

またETFは税法の定めにより分配が行われます。

分配金を再投資する手間も投資信託に比べかかります。

いなパン
いなパン
手間をなくすなら投資信託

理由②無配当型であれば税制のメリットがある

ETFは税法の定めにより分配が行われます。

そのため分配の度に「受け取り時」と「再配当時」に税金がかかります。

これらはいらない手数料ですよね。

無配当型の投資信託を選ぶことによって、税の繰延効果があります。

いなパン
いなパン
必要な時に必要な額だけおろせばいいよね!

投資信託とETFで1番悩んだ点

ETF(特にバンガード等)は超長期で見ても潰れている可能性が日本の投資信託会社に比べ低いと思われます。

投資信託(もしくはETF)の鞍替えが発生し通算損益で損失が確定した場合、納税繰延効果が得られなくなります。

しかし潰れるかどうかなど誰も分かりません。

いなパン
いなパン
リーマンブラザーズも潰れるとは誰もが思っていなかったと思います。

そのため安心感より手間と手数料を優先して投資信託を選びました。

いなパン
いなパン
補足ですが投資信託が潰れても運用中の財産は保証されます

結論

投資が趣味で無い人(ほとんどの人)は投資信託!
  • 理由①手間がないから
  • 理由②無配当型であれば税制のメリットがあるから
今回の
まとめ!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA