家計の見直し

<マネーフォワードME3ヶ月使用してみて>毎回手動でやらないといけないこと3つとそのやり方

マネーフォワードMEを家計簿として利用しています。

家計簿が続かない方にオススメアプリ。マネーフォワードMEとは?【メリット・デメリット・使用感・不安点】経済的自由を目指すためにはまず支出を知る事が大切です。 https://inakapanda.com/know-your-spen...

マネーフォワードを3ヶ月使用してみて、最初はカードの登録などめんどくさいことがありましたが、設定後はほぼ自動で家計簿ができています。

そのため、めんどくさがりの自分でもやることがないので続けることができました。

しかし、その中でも手作業で修正しなければならないこと・毎回やらないといけないことがありました。

毎回手動でやらないといけないこと・やり方

①入出金の通知が来て、項目が未分類の場合カテゴリを選ぶ。

何かをカードで購入した際、大体は何のカテゴリに入るかは自動的に選択してくれますが、たまに「未分類」になることがあります。その時はカテゴリーを選択する必要があります。

携帯などで通知機能をONにしていると出入金がある時は教えてくれますし、そのタイミングでチェックするようにしています。

未分類のところをクリックして

適切なカテゴリーに合わせます。

 

②月1回のカードの引き落としは資産対象から外す。

カードを利用すれば「いつ・何に・どれだけ使ったか」が自動的にわかります。

しかし、前月使用した額が月に1回銀行から引き落としされます。

その分を資産対象から外さないと2重でお金を使用したことになるので、支出の割合がとんでもないことになってしまいます。

これも「出入金」の通知が来て内容を確認した際に「振替」をクリックして資産対象から外しています。

③銀行口座間のお金の移動を資産対象から外す。

銀行口座間のお金の移動を行うことがありますが、これも「支出」や「入金」になります。

今月いくら使ったか・給料はいくら入ったかがぼやけてしまうので、この部分も資産対象から外しています。

我が家では銀行口座間のお金の移動には、SBIネット銀行の定額自動入金サービスと自動振り込みサービスを利用しています。

<共働き夫婦の銀行口座管理>手数料無料・全自動で銀行口座を利用する方法。SBIネット銀行の自動入金・振り込みサービス夫婦で同じ口座で生活費を管理しようとすると、給料日のたびにお金を下ろしに行ったりする時間の手間があったり、ネットで口座に振り込んでも手数...

まとめ

マネーフォワードは最初カードや銀行の登録をすれば、後することは

①入出金の通知が来て項目が未分類の場合カテゴリを選ぶ。

②月1回のカードの引き落としは資産対象から外す。

③銀行口座間のお金の移動を資産対象から外す。

の3つだけです。

これもほとんど手間なくできるので手作業で家計簿をつけるよりもラクで数字の間違いもなく、またその分時間を生み出すことができます。

オススメの家計簿アプリです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA